ENTRY

PROJECT STORY 01
小さな成功の
積み重ねで拡大する
Testing CoEプロジェクト

2017年入社
ビジネストランスフォーメーション事業本部
エンタープライズ統轄部 金融ビジネスユニット
金融第1グループ グループ長補佐

2017年入社
ビジネストランスフォーメーション事業本部
エンタープライズ統轄部 金融ビジネスユニット
ビジネスユニット長補佐

OUTLINE

  • #PMO
  • #TestingCoE

  • #マルチベンダーコントロール

単発プロジェクトの専任ではなく、
複数の開発プロジェクトを横断的にSHIFTが統括
プロジェクトをまたぎ、テスト全体をコントロールする
「Testing CoE」を任されるまでの
プロジェクトストーリー

小規模プロジェクトで実績を重ねる

金融業界というのは、何よりも「信頼」を重視する。歴史も浅く、知名度も決して高いとは言えないSHIFTが、大手金融企業から受注を獲得し、さらに案件拡大していくまでには紆余曲折があった。
はじめは小規模プロジェクトのテストに3名程度で参画。SHIFTは何ができる会社なのか?活用することでどんなメリットがあるのか?
他の開発会社と並行で同様のテストを行い、その内容に対して比較検討いただくというトライアルを実施できたことが、顧客リレーション構築へ向けた転機となった。
開発会社と比較し、圧倒的な生産性の高さとテスト品質に大きな優位性があるという結果を残せたのだ。こうして、3名ほどで始まったプロジェクトは、お客様内のさまざまな部署で、徐々にテスト業務を任せてもらえる環境へと成長を遂げたのだ。

大規模プロジェクトのテスト業務に参画

実績を積み上げた結果、SHIFTはテスト工程でお客様の信頼を徐々に獲得してきた。そして、より大きな規模のプロジェクトでの品質保証支援を依頼されるようになる。
次いでテスト工程の生産性の向上、開発品質の向上、コストの削減というミッションにトライすることに。また、テスト工程に留まらず、品質保証というより広い観点で、SHIFTが開発の上流工程から参画することのメリットを提案。SHIFTが参画するプロジェクトの数も、担当する業務領域もどんどん拡大してきた。

SHIFT WAY

上流工程から品質保証の観点でプロジェクト参画

下流であるテスト工程からの参画のみでは、SHIFTとして支援できることが限られてしまう。しかし、品質保証=テストではない。品質保証という観点から、お客様のシステムの企画や要件定義といった開発の上流工程にSHIFTが参画することで、お客様の品質保証計画全体をSHIFTがデザインできるようになり、こうした提案を通じて信頼を獲得することで、さらにポジションを確立していった。現在では、SHIFTが担当する同クライアントのプロジェクトは30を超える。多くの部署からご依頼をいただき、部署ごとにSHIFTの担当者を配置。お客様からの信頼は高まり、SHIFTの担当領域はますます拡大してきた。

Testing CoEによりお客様のシステム開発に圧倒的なメリットを

SHIFT社内でもNo.1の規模を誇るお客様となった同社。業務内容も、テスト作業のアウトソーシングから、お客様側のプロジェクトマネージャーを支援するポジションへと変化。マルチベンダーコントロールを求められる開発の現場において、お客様のパートナーとして、多数の開発会社が抱える品質保証領域を支援。同時に、各開発会社間の連携が必要な場面で調整役を担うことも期待されている。
これらの期待に応えていくことで、今後も同社の開発プロジェクトにおけるSHIFTの貢献度は高まっていくだろう。

MY VOICE

グループ長補佐

そのプロジェクトでお客様が何を望んでいるか、何が課題で何を解決すれば、喜んでもらえるのか、それを常に意識して業務に臨みました。また、チームメンバーに対しては、ただ指示された作業をするのではなく「何のためにやるのか」「自分の役割は何なのか」を理解し、業務遂行するためのコミュニケーションを心掛けています。
私が参画した当初は、SHIFTに対するお客様の期待値は高くはありませんでした。しかし、次第にその価値が認められ、今では品質を担保するためには必要不可欠なパートナーになれていると自負しています。
今後もプロジェクトは量・領域の幅ともに拡大していきます。お客様のパートナーとして、ともにプロジェクト成功に向けて推進していけるプロジェクトマネージャーを増やしていきたいと思っています。

ビジネスユニット長補佐

私はSHIFT内の金融業界に関連する、さまざまなプロジェクトの全体観を管理する立場にあります。プロジェクトのメンバーに対して意識的に行っていることは「徹底的に質問し、考えさせる」ということです。やることには必ず、意義・意味を持たせてほしい。漫然とプロジェクトに臨むのではなく、ビジネスとして成り立つストーリーを組み立てて行動してほしい。
今後は、お客様のプロジェクトマネージャーの支援というポジションにどんどん踏み込んでいきたいですね。それは私たちに求められていることですし、SHIFTの今後のためにもとても重要なファンクションになると考えています。
品質保証という観点から複数の開発会社や製品に対して、お客様と公平な立場で評価・導入する。SHIFTだからこそ、実現できるアプローチがあります。

TEAM

各プロジェクトにおける開発工程の中で、全プロジェクトのテスト工程だけを集約する「Testing CoE」を推進しながら、お客様の開発における品質を全社視点でコントロール。

PROJECT STORY
PAGE TOP