ENTRY

SHIFT
DNA 01
不可能に挑戦しなければ、
限界を打ち破ることはできない

PROFILE

技術推進部
技術推進グループ グループ長
2015年入社

2015年 SIer専門部隊へ配属後、グループ長補佐に就任
新規プリセールスグループに移動
2016年 流通業界を担当するグループに移動
2017年 技術支援グループ新設に伴い、アジャイル/自動化ファンクション ファンクションマネージャーに就任

入社前

2006年 地方自治体向けシステムを中心にした要件定義から総合テスト工程業務を担当し、品質保証に関する知見を得る。

WHY SHIFT

品質保証・テストのプロフェッショナルとして

前職はIT業界の開発ベンダーに在籍していました。プライムベンダーの下請けではあったものの、要件定義からテスト、システム導入まで、幅広い経験を積むことができ、特にテスト工程は自分の性格に合っていて好きだったのですが、ふとあるとき、発注元のお客様との距離が遠いなと思ったんです。
誰のために仕事をしてるんだろうと疑問を抱き始めたときに、ちょうどSHIFTから求人オファーメールを受け取りました。「第三者検証のプロフェッショナル」という文章を見て、「どうせやるならプロフェッショナルになりたい!」と思ったことを覚えています。 実際に選考に進んで話を聞くうちに、品質保証・テストの専門企業かつプライムベンダーという立ち位置だからこそ、私の希望していた発注元のお客様と近い位置で仕事ができると、「これだ!」と思いました。

CAREER

業界・領域を横断的に支援

現在は技術支援グループのグループ長として組織の管理とともに、営業活動や新サービスの企画・立ち上げを行っています。技術支援グループは総勢102名(2018年12月時点)。品質保証の手法やサービス(アジャイル、自動化、非機能、性能改善など)を軸に、エンタープライズ領域、Web領域、エンターテインメント領域と、領域問わず横断的に支援する組織です。これまで社内でも実績がないような相談がお客様から出てきたときには、まずは私の部署に相談がきます。もちろん答えは「やってみます」です(笑)。
元々はアジャイル開発支援からはじまったグループではあるのですが、だんだんと新しいサービスが増えていきました。最近では「アジャイルテイスティング」と言って、アジャイル開発におけるベンダー選定や改善点の洗い出しなど、マルチベンダーPMOのようなポジションで支援に入ることも増えてきていますね。

経営層も現場も決断が早い

時代の潮流に合わせて、突発的にサービスの立ち上げが必要なときもありますし、お客様のニーズや現場の声から新しいサービスが生まれることも多いです。裁量が大きいので良いアイデアを思いついたら営業と連携して、すぐにサービス化することができるのはSHIFTの強みですね。企画からリリースまで、早ければ2週間くらいでしょうか。承認フローも少ないですし、経営層も現場も決断が早い。とにかく、スピード感が通常の会社に比べて圧倒的に早いですね。
SHIFTは、挑戦することが推奨される会社なんです。守りに入るとお叱りを受けることもあるけれど(笑)、攻めに対しては止められることはほとんどありません。
私も、挑戦したいという若手がいたら裁量権を持たせて、できる限り任せるようにしています。若いメンバーが上に立った方が賑やかになるし、新しい意見が出ることも多いので。

MY SHIFT

IT業界をシフトする

SHIFTに入って、さまざまな面で成長できたと感じています。少なくとも、決断力、トラブル対応力、マネジメント力は大幅に向上したなという実感があります。入社して驚いたんですが、SHIFTは職級に関わらず全員が売上の管理に携わっているんですよね。プロジェクト単価なども、それぞれが把握しています。そういった環境なので、利益への意識も高い。私自身も売上や利益といった業績数字への意識が変わり、目標やミッションへのコミット力がかなり高まったと感じています。
今、実現したいと考えていることは、「IT業界でできないことをなくす」「IT業界のポータルになる」「IT業界の無駄をなくす」ということです!

MESSAGE

ここまでスピード感があり裁量も大きく、さまざまなことに挑戦できる会社はありません! 結果を出したときの昇給率も高いので、そこも魅力だと思います。
お客様ファーストでさまざまなアイデアを提案できる人、前向きな人と一緒に仕事がしたいですね。全然根拠のない自信でもいいので、「今よりも上に行くんだ」という上昇志向を持っている方をお待ちしています。

SCHEDULE OF A DAY

  1. 新規・既存案件の訪問

    新たなお客様との出会いは、SHIFTと私たちがさらに成長するかけがえのないチャンス! 毎回、心地よい緊張感と高揚感を感じます

  2. ヒアリング内容の整理、既存のお客様対応

    お客様のニーズは千差万別。ヒアリング後はすぐに情報を整理し、貢献価値の最大化を実現する支援を検討します
    予算調整、提案書作成、アサイン構成なども管理者としての重要タスクです

  3. ランチ

  4. 企画会議:新サービスに関する打ち合わせ

    業界動向、業界別お客様のニーズに関するトレンドなどから新サービスの企画を検討します

  5. お客様先訪問

    ユーザー企業であるお客様と直接会話し、現状の共有や今後の取り組みに対してすり合わせを行います

  6. 退社

    同じ部署や他部署の従業員とよく飲みながら、情報交換しています

このメンバーと同じ職種の
詳細/申し込みは下記から

SHIFT DNA
PAGE TOP