ENTRY

さまざまな人と接し、自分の価値観と相手の価値観を広げていきたい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

山内 涼子 /九州大学大学院 エネルギー量子工学専攻

―どんな就活をしていましたか?

まず、進路の話なのですが私は学部卒業の際には進学を志望し、大学院に進みました。そのまま就活をせずに教授になれば、収入などの面において、自分の理想を叶えられるのではないかという不純な動機からです。しかし、実際に大学院に進んでみると自分が研究に向いていないことに気付き、修士1年6月のインターン解禁時期から就活を始めました。最初は研究室の仲間と同じように漠然とメーカー志望だったのですが、合同説明会でたまたま某大手SIerの人事の方のお話を聞き、IT業界に興味を持ちました。夏にはメーカーの研究開発職とSIerのSEとしてインターンを経験したのですが、お客様とより近い距離で仕事ができるSEの方に気持ちが傾きました。また、大企業の歯車になりたくないという思いから、ベンチャー企業にも関心を持っていたので、「ITベンチャーであること」を軸に2017年3月の就活解禁を迎えました。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

出会いは2017年3月の合同説明会でした。当時は社名も知らないSHIFTに対し不安を感じていたのもあり、ほとんど興味がありませんでした。しかし「テストに受かれば一発内定」という言葉に惹かれ、就活への不安解消も兼ねて『RIKEI-NOU』検定を試しに受けてみました。検定の手応えが無く、面接コースに進みましたが、その後、選考を受けていく過程でさまざまな先輩社員の方の話を聞き、不安を感じていた部分がどんどんクリアになり、自分の中での志望順位がどんどん上がっていくのがわかりました。最終的には、SHIFTより少し規模は小さいものの安定していそうなベンチャー企業とSHIFTの二択で迷いましたが、今自分が求めているのは「安定」ではなく「何にでも挑戦できる環境」だと思い、それがより叶いそうなSHIFTを選びました。

―SHIFTで何を目指しますか?

さまざまな立場の人と接することで、自分と相手の価値観を広げていくような仕事がしたいと思っています。入社後は一流の品質保証コンサルタントになることはもちろん、将来的には人事の仕事をしたいと思っています。そのためのステップとして、1年目で同期の中でも頭一つ抜きん出て、2年目で新卒の教育担当に選んでもらえるようになりたいです。その後、5年目までは現場でバリバリと仕事をして、6年目からはその経験を活かし、人事として採用や教育に携わりたいです。さらに、SHIFTを選んだ理由の一つとして、良い意味で「一番自分の未来が見えないこと」があるので、5年後、10年後には今は想像もつかないような仕事をしているかもしれないというワクワク感もあり、これからの社会人生活が楽しみです。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

一般的に「自分の軸を決めて就活をしよう」というアドバイスを聞きますが、そう簡単に決まるものではないと思います。まずはより多くの人の話を聞いて、自分の価値観を広げてください。その中で共感できたこと・できなかったことを整理していけば、自然と自分の大切にしたいことが見えてきます。また、会社に自分を合わせるのではなく、自分に合う会社・今の自分を受け入れてくれる会社を探してみてください。無理に背伸びをしても、後々苦しくなるのは自分です。あとは、志望企業を絞り過ぎないことも大切です。私の場合は、当初は全く興味のなかったSHIFTと、ご縁がありました。SHIFTは『RIKEI-NOU』検定ならWebでテストを受けるだけで内定も出ますから、みなさんもぜひ受検してみてくださいね。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP