ENTRY

「品質保証 by SHIFT」が、当たり前な世界を作りたい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

李 捷 /名古屋大学大学院 環境学研究科

―どんな就活をしていましたか?

本格的に就活を始めたのは3月からです。しかし、興味のある業界の情報収集は、すでに一年前からネットや説明会などを通じて行っていました。一般的に博士課程の学生は、将来大学や研究所に入り自分の研究を続けるものだと考えられていますが、私は自分の可能性を一つの分野に縛られたくはなく、さまざまな業界に目を向けました。業界研究をしているうちに、人工知能や自動運転などの新しい技術の開発で活気溢れるIT業界に憧れ、希望業界をこの一本に絞りました。職種としてはコンサルタントが希望だったので、「IT技術を駆使して、顧客が直面する課題を解決できること」を就活の軸に決めました。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

SHIFTには、将来性があると感じたからです。現代社会はIT技術に支えられていると言っても過言ではありませんが、IoTや人工知能などのさらなる技術発展により、今後ますます生産活動や生活に浸透していくことは間違いないと思います。SHIFTはソフトウェアの品質保証サービスを提供することで、社会を支えるIT業界をさらにその背後から支えているという点が、大きな魅力だと感じました。国内のソフトウェア品質保証市場ではSHIFTはすでにリーディングカンパニーとなっていますが、大きな潜在市場の存在や海外進出のことを考えると、これからもっと速いスピードで伸びていくに違いないと考えています。

―SHIFTで何を目指しますか?

世界を舞台に活躍できるプロフェッショナルで、会社に欠かせない人間になりたいです。そのために、入社後の早いうちに仕事に必要な知識やスキルを習得し、自分の業務能力を磨き、一人前の社員になれるよう頑張りたいと思います。いずれは海外展開や新規事業の創出にも貢献し、SHIFTと共に成長していけるようになりたいと考えています。将来的には直接経営に携わり、IT業界では「品質保証 by SHIFT」が当たり前な世界を作りたいと思います。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

自分の人生に責任を持ち、何をしたいのか、どんなキャリアを築きたいのかをよく考えた上で、志望企業を絞って効率よく就活を行ってほしいです。特に意識してほしいのが、応募企業の情報を隅々まで調査することです。これはミスマッチの防止に繋がり、選考の通過率も上げられるので自身のためになると同時に、選考の機会をくださった企業への礼儀でもあります。そして、企業見学を積極的に行ってください。実際の職場とイメージとのギャップに気づくことができますし、さらには新しい魅力を発見することもできるかと思います。就活は提出したエントリーシートの数で勝負するものではありません。就活の状況は人それぞれなので、周りの就活生の進度に惑わされず、自分のペースで行ってください。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP