ENTRY

どんな時代でもどんな場所でも、必要とされる存在に|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

梶原 大悟 /九州大学 工学部

―どんな就活をしていましたか?

よく聞く話かと思いますが、就活の軸を決めて、進めていきました。私の場合は、「自分の成長」と「企業の成長」という2つが就活の軸になりました。企業の情報収集に関しては、ホームページなどネットにある情報だけでは分からない部分も多いので、出来るだけ説明会などには足を運び、社員の方の話を直接聞くようにしていました。足を運んでピンときた企業にはとりあえずエントリーシートを送ってみるなど、特に業界は絞らず、幅広く見ていこうという思いで就活をしていました。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

就活の軸にあった企業の中で、最も自分の力を伸ばすことができ、また企業自体も最も成長性があるのではないかと感じたからです。根拠としては、最初は社名も事業内容も聞いたことがない企業だったにも関わらず、実際に調べたり話を聞いたりするうちに、このIT社会の中でSHIFTが行う業務の必要性を感じていったことにあります。また、選考の中で「面白くて頭がいい先輩社員の方がとても多い」という魅力を感じることができ、これが最終的な決め手になりました。SHIFTに入社することで、自分の能力を高めることができて成長段階である企業の動向を間近で見ることができる。以上のような理由から、入社を決定しました。

―SHIFTで何を目指しますか?

自分の将来像として「どんな時代でも、どんな場所でも必要とされる存在」というものがあるので、その目標を目指して頑張っていきたいです。具体的には、最初は品質保証コンサルタントとして現場での経験を積んでいきたいと考えています。その後、経験を活かしてマネジメントを任せてもらえるような立場になり、最終的には柔軟性があってマルチに活躍できるようになっていきたいです。まだ一般的な大企業ほど規模が大きくはなく、経営層との距離が近いSHIFTならそれができるのではないかと考えているので、頑張ります。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

私は就活を始める時期が遅く3年生の冬からスタートしたため、夏のインターンなどには参加できていませんでした。しかし、ほぼ理想の企業から内定をいただけたと思っています。自分の軸となりたい将来像をしっかりと決めて就活していれば、必ず自分にあった企業が見つかり、その企業に行きたいという強い思いを伝えることができれば、内定を取ることはできると感じました。就活生の皆さんも就活を始めると決めた時から自分がなりたい理想を考えて、食わず嫌いをせずにさまざまな業界をみていけば、自ずと理想の企業が見つかると思います。就活の時期は辛い思いをすることもありますが、めげずに将来のために頑張ってください!

新卒社員インタビュー
PAGE TOP