ENTRY

仕事にひたむきに取り組み、自分自身のスキルを増やしていきたい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

平沢 巽 /長岡技術科学大学大学院 工学研究科

―どんな就活をしていましたか?

私は大学院1年生の12月頃から就活を始めました。初めは何をすれば良いのか全く分からなかったため、少しでも興味がわく企業や仕事があれば、積極的にインターンシップや説明会に参加して情報収集をしていました。就活を進める中で、少しずつ企業を選ぶ自分の軸といったものが出来てきたので、それ以降はその軸に基づいて動きました。その軸とは、「自分が成長できる環境であるかどうか」です。自分の頑張りが認められれば、より多くの仕事を任せてもらえるだろう成長企業を中心に受けることにしました。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

SHIFTに出会ったのは、偶然の要素が大きいです。初めは専門である生物系の知識を活かせるような企業を中心に就活を進めました。そんな中、ある就活サイトを眺めていたら「RIKEN-NOU検定」という文字を目にし、興味を惹かれたのがきっかけとなり、そこで初めてSHIFTを知りました。幸い、検定には無事合格。入社を決めたのは、面接の中での会話や内定者イベントに複数回参加することで、さまざまな社員の方の声を聞き、SHIFTに「自身が成長していける環境」があると思えたからです。会社自体が急成長中であることも魅力的でした。

―SHIFTで何を目指しますか?

ITという、今まで自分が専門としてこなかった未知の分野で成果をあげていくためにも、まずは仕事にひたむきに取り組むことで、自分自身のできることを増やしていきたいです。その中で、本当に自分が取り組みたい仕事・分野を明らかにし、SHIFTと社会の役に立てればと思います。現時点では、「自動化」や「効率化」といったキーワードに興味があるため、現場での経験を経て、いずれは開発に携わることができればと考えています。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

特定の分野にとらわれずより多くの分野・企業に視野を広げてみると、自分でも思いもよらない良い出会いがあるかもしれません。私にとっては、SHIFTとの出会いがまさにそうでした。会社はこれからの人生で非常に長い時間を過ごすことになる場所ですので、自分がより興味を持てることが重要です。みなさんにも、自分に合った環境を選んでほしいなと思います。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP