ENTRY

お客様やSHIFTの仲間から、信頼される人になりたい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

橋本 梨菜 /津田塾大学 学芸学部

―どんな就活をしていましたか?

進路を考えはじめた当初は、大学院への進学を考えていました。しかし、3年の夏に参加したインターンシップをきっかけに、「早く社会に出て働きたい」という思いが強くなり、就活をすることにしました。大学で学んだ情報科学の知識を生かしたいと思っていたので、就職するならIT業界がいいと思っていました。就活開始当初はわからないことだらけだったので、とりあえず少しでも興味がある会社の説明会やセミナーに参加し、さまざまな企業の方からお話を聞きました。結局私は明確な軸を定めないまま就活を終えてしまいましたが、振り返ってみると「お客様とコミュニケーションをとる」、「縁の下の力持ちとして社会を支える」という軸で企業を選んでいたと思います。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

理由はいくつかあります。1つ目は、社員の方々が生き生きとしていて、こんな風に自分も働きたいと思ったからです。お話いただいた会社や仕事の話もとても魅力的で、ここで仕事をしたいと思いました。2つ目は、ソフトウェアテストのアウトソースを主とした事業内容に魅力を感じたからです。大学の授業でソフトウェア開発をした際に、「テストを自分で行うのは漏れがありそうで、効率が悪い」と感じていたことが背景にあります。また、市場が大きく、これからさらに発展していく事業であることもSHIFTを選んだ理由の1つです。

―SHIFTで何を目指しますか?

お客様や一緒に仕事をするSHIFTの仲間から信頼される人になりたいです。また、「この人に任せれば大丈夫」だと思ってもらえる分野を1つでも多く作りたいと思います。そのためには、ビジネス、IT、お客様の事業についてなど、幅広い分野を積極的に学んでいきたいです。がむしゃらになりすぎず、視野を広く持ち、関わるみなさんにとって最善の仕事をしていきたいと思います。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

家族、友人、先生、OB・OG、企業の方など、いろいろな人に話を聞いてもらうことが大事だと思います。自分では思いつかないような考え方や選択肢に触れることができますし、自分の考えを認めてもらえたときには自信になります。また、説明会が解禁になってから、説明会、面接、大学のゼミと忙しく、精神的にも肉体的にもかなり辛かったので、体力はつけておいて損はないと思います。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP