ENTRY

PROJECT STORY 09
基幹システム刷新の
全開発工程に参画

2015年入社
ビジネストランスフォーメーション事業本部
エンタープライズ統轄部 流通ビジネスユニット
流通第2グループ

2017年入社
ビジネストランスフォーメーション事業本部
エンタープライズ統轄部 流通ビジネスユニット
ビジネスユニット長

OUTLINE

  • #マルチベンダーコントロール
  • #PMO

2016年当時のSHIFTでは数少ない、
最上流工程から全工程に
参画することとなったプロジェクト。
多数の大手ベンダーが参画する大規模な
基幹システム開発の現場で、
SHIFTが果たす役割とは?

RFP作成フェーズからの参画

大手スーパーマーケットチェーンを営む企業の基幹システム刷新プロジェクト。お客様は、従来ベンダーにこだわらない最適なベンダー選定やシステム機能配置を志向し、そのためマルチベンダーコントロールに課題を掲げていたが、高度なプロジェクト運営を行うための社内のノウハウ・人員が不足しており、SHIFTに第三者としての支援を依頼する。 最上流工程から開発全工程に参画するプロジェクトは、当時のSHIFTとしてはあまり経験のない取り組みであった。 SHIFTはRFP作成フェーズから参画するも、要件定義のフェーズではお客様からのご要望を満たすことができず苦しんでいた。そんな中、当時入社2年目の新卒若手社員が、プロジェクトマネージャー補佐としてプロジェクトの立て直しにアサインされる。

契約打ち切りの危機

全体テストの計画書作成が始まった。各開発ベンダーのプロジェクトマネージャーと議論や調整を繰り返しながらテスト計画書作成を推進。開発ベンダーそれぞれに進め方、方針を持つなかでのプロジェクト推進は、SHIFTとしての前例も多くなく、当初は難航した。お客様から、スキルや成果物の品質レベルが不十分だという指摘を受ける事態となっていた。
この間、SHIFTのプロジェクトマネージャーが2名変更となり、お客様からは契約の打ち切りを示唆されるほど、その信頼は低下する事態を迎えてしまった。
しかし、そこから設計仕様書のインスペクションと品質指標評価により、基本設計の工程完了判定の材料となる品質評価を実施、これまでの反省とSHIFTの知見を凝縮したコンサルテーション、また新たなプロジェクトマネージャーの参画により、お客様からの信頼のV字回復に成功する。
この経験が、またSHIFTのマルチベンダーコントロールにおけるノウハウに厚みを持たせ、強みとする結果となった。

SHIFT WAY

プロセス構築と業務観点

開発システムの一部や業務の一部をメイン対象として構築された従来のSHIFTのテスト設計手法は、事業会社の業務全体に関わる基幹システム刷新の総合テストシナリオ設計に対応するには、不十分であると言わざるを得なかった。そこで、本来SHIFTが得意とする業務分解(作業と判断の分離)による機械的なシナリオ設計プロセスを新たに構築。さらに長年、流通・小売業界を専門としてきたプロジェクトマネージャーの知見も加わり、お客様の業務のポイントやパターンを掘り下げ、より網羅的なテストシナリオを作り上げたのだ。

PMOにおける「品質とテスト」担当から他領域へ拡大

大規模プロジェクトにおいてはPMのタスクを補完するために、各領域のプロを配置してPMO組織を策定することが多い。その中でSHIFTは、ベンダーやお客様と議論を重ねて納期・品質ともにお客様のご要望にお応えできるよう、マルチベンダーが連携して実施するシステムテスト工程の計画を立案した。そして、テスト実行のマネジメント、進捗・課題管理の実施する。
結果、このシステムテストでの成果に対しての高い評価をいただくことができ、移行テストや業務導入の準備についても依頼を受けることになった。システムテストでは多くの関係者と連携するため、ノウハウと経験をもとに横断的にさまざまなタスクを推進するPMOメンバーに適していると、関係各所から認識されるようになったのだ。 そして、テスト設計や業務運用課題の解決推進、教育支援を実施し、今回の最上流工程からシステムリリースまで一貫した支援プロジェクトは、無事完遂した。

MY VOICE

ビジネスユニット長

私が参画した時は、SHIFTに対する逆風が強かったため、まずは信頼を取り戻すことを意識しました。
そして、信頼を勝ち得てからは社内外の関係者を巻き込み、品質テストのプロフェッショナルとしての役割に加えて「多少の領空侵犯」をして、本来SHIFTが得意でない領域にも踏み込みながら、プロジェクト成功のゴールに向けてあらゆる手段を講じて進むように知恵を絞りました。
また、各方面のプロフェッショナルが集結する本プロジェクトは、SHIFTのチームメンバーが成長できる環境と考え、チャレンジングな仕事の機会もメンバーに提供してきました。私自身も、プロジェクトの中で多くの社内外の方々からアドバイスをいただき、様々な整理法やネゴシエーションテクニックなどを学ばせていただきました。
このプロジェクトを通して部下も自信がつき、嬉しく思っています。

チームリーダー

今回のプロジェクトを通して、私自身の経験、知識の幅も大きく広がったと思っています。
小売領域のテスト計画・テスト設計においては、社内でも「有識者」と言って良いレベルになることができたぶん、周囲からの期待もプロのコンサルタントとしてのパフォーマンスを求められるようになったと感じています。
SHIFTのクレドでもありますが、自分の経験にないことや、わからないことがあっても「できない、わからない」と言わず、まずは社内やベンダーの有識者にヒアリングしたり、ロジックを積み上げることで、解決の道を探る。今後も、品質・テストのプロとしての計画や品質に対する見解の幅を拡げ、社内外からの確固たる信頼を得ていきたいと考えています。

TEAM

マルチベンダー体制で開発を推進するお客様における、開発全体の品質を全体PMOとしてコントロール。さらに各開発会社のテストならびに全体テストを担うためのチームとして参画することにより、幅広く強みを活かした体制をお客様内に確立。

PROJECT STORY
PAGE TOP