ENTRY

研究を通して身に着けた「何事も手を抜かず、全力でやりきる力」を活かしていきたい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

安室 博文 /筑波大学大学院 生命環境科学研究科

―どんな就活をしていましたか?

私は投稿論文の提出などの関係で、年始にある博士後期課程対象の募集に参加できず、4月から学士や修士の人たちに混じって就活を始めるかたちになりました。当初は自身の研究分野を少しでも活かせるようにと、製薬会社の研究職を中心に応募をしていましたが、結果はあまり良くありませんでした。そこで、考え方を変え、研究分野ではなく自身の能力や適性を活かせる企業はないかと、方向転換を行うことにしました。結果としてさまざまな業界・企業を知ることができ、今となってはその方向転換のおかげで、就活自体が良い人生経験になったと考えています。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

SHIFTの面接や社員面談をさせていただく中で一番感じたのが、社員の方々の情熱でした。SHIFTのことについて話してくださる姿はとても熱く、本当にこの会社のことが好きなのだということがビシビシと伝わってきました。加えて、SHIFTがこれまでにどれだけ成長してきたか、そして今後どのようにさらなる成長を続けていくかというお話を伺えたことで、自分もこのような環境に身を置いて働くことで、自身の仕事に誇りを持った熱い人間になれるのではないかと考えるようになりました。これが決め手となり、SHIFTへの入社を決断しました。

―SHIFTで何を目指しますか?

私はIT関係では全くの素人ですが、プロフェッショナルになるための道筋はどの分野でも同様であると考えています。まずは基礎となる技術・知識、その分野における常識を理解・習得し、その上で応用的な力を高めていく。何よりも、「何事にも手を抜かず、全力でやりきる」。これは、研究を通して得た経験・考え方なのですが、この力をSHIFTでも活かしていきたいと思っています。具体的な目標はまだ完全には定まってはいませんが、まずは周囲から信頼してもらえるだけの能力を身につけることが目標です。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

就活では、どうしても今までやってきたこと・経験のあることにこだわってしまい、視野が狭くなりがちかと思います。ですが、自分自身の本質ときちんと向き合い、もう少し視野を広げてみることでまた新しいものが見えてくることもあります。就活は辛くて苦しいイメージが伴いますが、個人的には、今まで知ろうとしてこなかった世界を知ることができる良い機会であると思います。あまり進路に関して「これしかない」と決めてかからずに、色々なことにトライしてみても良いのではないでしょうか?真摯に進めていけば、おのずと結果もついてきてくれます。袋小路に入ってしまったと思った時こそ、前のめりになりすぎず、ゆったりと構えるくらいのつもりで歩いてみてください。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP