ENTRY

専門性を高め、自分ならではの特異的な価値を高めたい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

若木 連也 /東京大学大学院 農学生命科学研究科

―どんな就活をしていましたか?

私は研究に多くの時間を割きたかったので、できる限り就活で時間を浪費しないように心掛けました。そのため自己分析に十分な時間を投資し、就活における目標を明確化しました。目標を決定した後は、自分の希望に合う企業を探すため、複数の就職コンサルやマッチング型・スカウト型の就職サイトに登録しました。企業の情報は、主にこうしたサービスから収集し、紹介された企業の情報を基に気になった企業の説明会や選考に応募していました。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

企業選びの基準となったのが、「事業の独自性」「中途採用者の寡多」の2点です。世の中には数多くの企業があり、似たような事業を行う企業が数多く存在します。その中で、それぞれが持つ「事業の独自性」に注目することで、その企業の将来性が見えてくると考えました。また、より魅力的な企業を選ぶために、業界に精通した人に選ばれる企業が良いと考えました。この魅力的な企業選択の軸となったのが「中途採用者の寡多」です。SHIFTはソフトウェアテストという未開拓な市場に挑戦していることから、その独自性は高く、長期的に発展し続ける可能性が高いと考えています。また、中途採用者が多いということから、業界に精通した人もSHIFTを選ぶ、すなわち、業界人から見てもSHIFTは魅力的な企業であるということが考えられました。以上が、私がSHIFTを選んだ理由です。

―SHIFTで何を目指しますか?

まだ学生の身である自分には社会的価値がほとんどないので、まずは基本的なビジネススキルやSHIFTで求められるスキルを身につけ、自身が社会人として一定の価値を持つ人間になることが最初の課題であると考えています。その後は特定分野の専門性を高めることで、自分ならではの特異的な価値を高めることを目指します。そのためにも積極的に多様な経験を積み、自身の適性を見極め、いち早く専門性を高められるよう邁進したいと考えています。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

餅は餅屋という言葉があるように、専門家には、そうでない人は敵いません。世の中にはあらゆる分野に専門家が存在しており、もちろん就活にも専門家はいます。そうした専門家を利用することが就活を成功させる近道であり、最も楽な方法でもあると思います。重要なのは可能な限り正確に、多くの情報を専門家に開示することです。そのためにも自己分析を十二分に行い、自身の本質を見極めることが重要です。もし就活に行き詰まっているのであれば、一度自身を見つめ直してみて下さい。そうすることで見えてくるものがあるかもしれません。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP