ENTRY

自分の限界を、突破し続ける人になる|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

鵜澤 七海 /明治大学 国際日本学部

―どんな就活をしていましたか?

開始当初は、とりあえず就活をしているという状態でした。半年間休学していたので、就職が一年遅れることになり、やりたいことを明確にして就職するというよりも、経済的自立を優先したいと思ったのです。最初に自己分析はしたものの就活開始以前にもやったことがあったため、改めてこれといった新たな発見はなく、なんとなく合同説明会に行っては、興味がありそうな企業の話を聞くという状態でした。結果として軸が定まり切っていなかったことと、苦手としていた堅苦しい面接の場をなかなか克服することができず、選考は思うようにいきませんでした。SHIFTと縁があったのも、面接の雰囲気が穏やかで、きちんと自分を伝えられたからだと思っています。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

ソフトウェアの第三者検証という事業内容を初めて聞いたとき、とても合理的だと思いました。内容がストンと自分の中で理解できましたし、社会にとって必要な事業だと思いました。また、内定者も含め、面接や懇親会でお会いした先輩社員の方々の能力が高く、一緒に仕事をすることで自分も成長できるだろうと思ったことも理由の1つです。しかし何よりも、一般的には就活に重要とされる軸が定まっていなかったにも関わらず、能力や人柄を評価して内定をいただけたことが大きいと思います。面談で話せば話すほど、SHIFTで自分の能力が活かせるだろうという期待感と、テストを第三者が行うことで開発者の方により本業に集中していただくことができ、それがプロジェクトの効率化に繋がるということを知り、SHIFTに就職しようと決めました。

―SHIFTで何を目指しますか?

自分の価値を最大限発揮し、SHIFTの原動力になりたいです。入社後にどの部署に配属されるかはまだ分かりませんが、自分の特性を活かせるポジションを研修や現場で働いていく中で見極め、そのポジションで自分ができる限界を突破し続ける人になろうと思います。そして、限界を突破し続けることでSHIFTの成長に貢献し、IT業界のさらなる発展に貢献したいと思っています。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

自分が納得できる選択をすることが重要だと思います。親や世間体を気にして自分の本意ではない選択をしていたら、上手くいかなかったときに、その選択をしたのが自分であるにも関わらず、他人のせいにしてしまうと思います。就活をすること自体に迷いがあるようであれば、一度休学してやりたいことをやってみるというのもアリだと思います。思い切りがないとなかなか難しい選択肢かもしれませんが、どんな道を選ぶにせよ、自分が本当に納得できる選択をしてほしいなと思います。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP