ENTRY

会社や社会だけでなく、多くの人にとって価値のある人間になりたい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

髙木 文弘 /東洋大学 経営学部

―どんな就活をしていましたか?

漠然と「自分を成長させることができる企業」に就職したいという思いがありましたが、特に志望業界もはっきりしておらず、3年の冬まで就活を行っていませんでした。12月になり、大学のゼミでSHIFTを訪問する機会があって、それをきっかけにIT業界への就職を考えました。元々プログラミングに興味があったので、SI業界を中心に業界研究、企業研究を始め、インターンシップにも参加しました。その中で、就職において自分が最も大切にしたいことが何なのかを、改めて考えました。最終的は、以前から考えていた「自身の成長」という点をやはり大切にしたいと思い、それを重視した企業選びを行っていました。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

SHIFTへの就職を決断した最大の理由は、「自身の成長」を考えたとき、最適な環境であると考えたからです。業界研究や企業研究を行う際に、IT企業に興味を持つきっかけとなったSHIFTについても改めて調べたのですが、そこでSHIFTが「ソフトウェアの品質保証」という、まだまだ未開拓の分野に挑戦している企業であることを知りました。そういった環境で働くことで自分も多くのことに挑戦し、会社と共に成長していきたいと思ったのです。加えて、SHIFTは自社開発のツール「CAT」や、「CAT検定」など独自の強みを持っており、ビジネスモデルの面から見ても、今後より社会の中で必要とされる会社だと感じたこともSHIFTを選んだ理由の1つです。

―SHIFTで何を目指しますか?

常に挑戦し続けることを忘れず、目標とする結果に対してどのようなアプローチが必要なのかを正しく判断し、実行する能力を身に付けていきたいです。そのために知識や経験を積み、多くの方とのコミュニケーションを重ねることで、実力をつけていきたいと考えています。まだまだ知らないことだらけですが、「SHIFTで学べることは全て学ぶ」くらいの気持ちで頑張りたいと思います。また、仕事を通じて一人の人間としても成長し、会社や社会にとっての価値がある人になるだけでなく、多くの人にとって価値のある存在になりたいです。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

就活では、「自分にとって大切なことは何なのか」をはっきりさせることが大切だと思います。チャレンジが好きなのか、安定感を求めるのか、自分の得意な能力を存分に発揮したいのかなど、人によってさまざまかと思いますが、その中で自分が譲れないものを1つでも持っていると、就活を進めやすくなります。内定をいくつかいただいた際には、迷うこともあると思います。どちらにも魅力を感じ、情報を集めても、それでも決断できないこともあるかもしれません。そんなときは今までの自分を信じて、思い切って、直感で決断することも大切だと思います。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP