ENTRY

普通の成長ではなく、指数関数的な成長をしたい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

N.U /東京工業大学大学院 工学院経営工学系

―どんな就活をしていましたか?

視野を広く持つためにも、いろいろな人から情報をもらえるよう、努めていました。エントリーシートや面接などで困ったことがあれば、キャリアアドバイザーやゼミの先生と相談しながら、進路を考えていきました。特に気を付けたのは、体調管理です。私は日ごろから体調を崩しがちだったのですが、大事な時期に体調不良となればその後の予定が大きく狂ってしまうので、無理のない計画と健康的な生活習慣を常に心がけていました。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

とあるセミナーで私の目に触れたのが契機でした。RIKEI-NOU検定によって採用を行っている珍しい会社だったので印象に残っており、受検しました。選考過程では、私の生い立ちや性格などを私の話に関連付けて質問され、アドバイスもいただき、各人の人間性や性格をよく観察してそれを尊重している会社だと思いました。内定後のサポートも充実しており、会社や人の魅力をよく知る機会となりました。また業務内容では、競合他社の少ないソフトウェアの品質保証という事業に潜在的な可能性を感じました。一般的に知られておらず未開拓なところも、成長性に長けているという点で魅力に感じました。以上のことから総合的に考え、SHIFTに決めました。

―SHIFTで何を目指しますか?

普通の成長ではなく指数関数的な成長を実現したいので、できるだけ早く会社のノウハウを吸収・実践できるようになりたいと思います。学生時代のアルバイト経験から、相手の立場にたって物事を考えて提案することを1つの軸としていたので、お客様の潜在的なニーズを汲み取るといった詳密な業務を行いたいと考えています。自分がマネジメントする立場になったときもその精神は大切になってくると思いますので、人の立場で考えることに加え、多面的に物事を捉え向上心をもって携わっていきたいと思います。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

周りの就活生の話を聞き、かつ周りに流されないことを意識するといいと思います。これは一見矛盾しており難しいことかのように思えますが、就活は自分と企業との相性が大事なので、周りと比較して焦ることもあるかもしれませんが、芯を持って自分なりの就活を心がけてほしいと思います。また特定の業界に絞り込まず、興味が低い業界も含めて幅広く見てみてください。新たな発見があったり、就職してからそのときの経験が活きたりと、将来につながる勉強になると思います。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP