ENTRY

社内外への影響力と人間的魅力を持ち、新しいことに挑戦し続けていく|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

武藤 悠也 /九州大学大学院 システム生命科学専攻

―どんな就活をしていましたか?

自分自身が成長し、社会にインパクトを与えられる環境を探していました。そこで修士1年の3月から大手企業に絞り就活を始めました。理系の大学院まで進学しましたが、よりダイレクトに世の中に関わることのできる仕事をやりたいと思い、幅広い業界の企業を見ていました。企業選びにあたって重要視していたのは、「常に向上心を持ち、ワクワク・ドキドキしながら働ける環境であるかどうか」です。理系の大学院まで進学しましたが、業界に関しては特に専門分野に絞ることなく、「よりダイレクトに世の中に関わることのできる仕事をやりたい」ということを軸として、幅広い業界から自分が求める環境がある企業を探していました。そして、当初はそういった環境は大手企業にこそあると考えて大手企業に絞って就活を進めてはいたものの、面接をしていく中で次第と違和感を覚えるようになり、ベンチャー企業にも幅を広げて就活をしていました。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

常に新しいことに挑戦する環境があり、かつ、働いている先輩社員の方々が向上心を持って働いていると感じたからです。SHIFTのことはスカウト媒体を通じて知るまで全く知りませんでしたが、品質保証という事業内容やブルーオーシャン市場でどんどん事業拡大・成長している企業であると知り、SHIFTなら「社会にインパクトを与える」ことができ、「自分自身も成長していける、ワクワク・ドキドキしながら働ける」と思ったので、入社することにしました。

―SHIFTで何を目指しますか?

「自分がやるべきことの中で率先して新しい価値を生み出せる人になること」が、入社後1年間の目標です。5年後には、やるべき仕事をこなしていく中で培った「新しい価値を生み出す力」で、新規事業に挑戦していきたいと思っています。そして最終的には、社内外への影響力と人間的魅力があり、新しいことに挑戦し続ける人になることを目指します。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

就活をしていくとさまざまな場面で、迷いや葛藤が生じることが多々あると思います。私の場合は、最初は大手企業がいいと考えて就活をしていましたが、説明会や選考を経験する中で自分の価値観と合わない場面に遭遇するということがありました。就活中には、思いもよらないことがいろいろとあると思いますが、何でも楽しみながらやれば、多くの経験ができる良い機会であると思います。常にベクトルを自分自身に向け、自分のやりたいことをとことん考えてください。応援しています。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP