ENTRY

「この分野なら任せられる」と、周囲に認められる自分を確立したい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

三戸田 純一 /京都大学 法学部

―どんな就活をしていましたか?

3年生になったばかりの頃は、正直なところ、就職についてあまり深く考えておらず、みんながやっているからという理由でインターンシップに応募し、とりあえず合同企業説明会に行ってみるといった過ごし方をしていました。その後、3年生の3月からようやく本格的に就活を始め、主にメーカーを中心に企業選びをしていました。その中で、「着実に成長していきたい」、「同じ仕事なら規模が大きいことがしたい」という気持ちがあり、それが実現できそうな大手企業に数多く挑戦していました。しかし、軸や志望動機を固めきれず準備不足だったため、面接ではいつも緊張して話せなくなり、なかなかうまくはいきませんでした。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

SHIFTを知ったのは就活サイトから来たメールがきっかけで、そこで「RIKEI-NOU検定」を知りました。文系ながら理系科目が得意だったことから、オンラインのテスト一発で内定が出るならやってみようという気持ちで受検したところ即内定をいただくことができたのですが、事業内容は分かっていても、実際にどんなことをしている会社なのか、ほとんどイメージが湧いていませんでした。そこで、先輩社員の方と面談を行わせていただき、「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」といったコーポレートビジョンについてや、これから成長していく事業であることを知り、SHIFTで働くのは面白そうだと感じて入社を決意しました。

―SHIFTで何を目指しますか?

ソフトウェアに関する知識や技能を身につけ、任された仕事を遂行することが第一の課題になると思っています。さらにその中で、自分の強みを活かせる分野を見つけ出し、「この分野なら三戸田に任せたい」と言われるような自分の武器を身につけたいと考えています。上述した人間になるため、さらに「RIKEI-NOU検定」で認められた資質を活かすためにも、勇気を出して新しいことに挑んでいく姿勢を常に持ち、仕事に取り組んでいきたいと思います。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

就活について早めに考えて動くことが重要だと思います。主観的にも客観的にも、私の就活は、順調に進んだとは到底言えるものではありませんでした。それは、行動の開始が遅かったこと、軸や、やりたいことを固めきれなかったことに原因があると考えています。就活が本格化する前の、少し心に余裕が持てる時期に、自分はこういう性格だからこういった働き方がしたいと考えてみたり、興味のあり・なしに関わらず様々な業界について調べてみたりするなど、まずはぜひ行動を起こしてください。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP