ENTRY

自分の力を最大限活かせる場所で、期待以上の成果を残したい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

松永 杏樹 /筑波大学大学院 生命環境科学研究科

―どんな就活をしていましたか?

本格的に就活を始めようとした3月頃に研究室でトラブルがあり、スタートがかなり出遅れていました。当初は研究職をメインに就活をしていましたが、良い結果に結びつかず、一旦立ち止まって、自分がありたい姿を見つめ直すことにしました。そこで出た答えは「向上心を持ち、成長し続けたい」というものでした。そのためには、「成長し続けられる環境」に身を置くことが必要だと考えたのですが、その条件を要素分解すると、①自分の能力が求められる場であること、②納得できる報酬を得られること、③プライベートとの両立が可能であること、以上の3点が考えられました。特に悩んだのが①の要素についてです。研究職に求められている能力が、自分には足りていないと感じました。しかし、本当に自分に向いている仕事は何なのかがわからず、就活を通じてその手掛かりを得ることを新たな目標としました。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

きっかけは、SHIFTが私を見つけてくれたことです。私は逆求人型の就活サイトに登録しており、そこから連絡をいただきました。IT企業への関心はほとんどなかったのですが、「RIKEI-NOU検定」に興味を持ち、物は試しと受検しました。すると、そこで出された問題を解くことを楽しんでいる自分に気が付きました。自分が探しているものはここにあるのではないかという予感があり、選考へ進むことに決めました。選考が進む中で先輩社員の方々との交流を通じてSHIFTがRIKEI-NOUを持っている人たちやRIKEI-NOUに価値を見出している人たちが集まっている場であると感じました。また他の企業よりも新卒採用への熱意があり、私の能力を求めているのだということをわかりやすく伝えてくれたことが決め手となり、SHIFTに就職することを決めました。

―SHIFTで何を目指しますか?

まずどんな仕事にもチャレンジして、自分の能力を最も発揮できる仕事を見つけることが目標です。入社後、一本道のルートが決められているのではなく、様々な仕事にチャレンジでき、自分で進む道を決めることが可能な点もSHIFTの魅力だと思っています。自分の力を最大限活かせる場所で、期待以上の仕事で成果を残したいです。また、初めに述べたように、向上心を維持し、成長し続けたいです。そして将来的には、これからどんどん大きくなっていくであろうSHIFTを支えるキーパーソンになりたいと思っています。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

ESや面接で必ず聞かれる自分自身のことについて、悩むこともあるかと思います。私は就活を通じて、人それぞれの特徴は、自分では当たり前すぎて気が付かないようなところにあるのだと感じました。自分一人の力では見つけられなくても、既に社会に出ているさまざまな先輩方との交流が、そのヒントを与えてくれるはずです。まずはチャンスを逃さぬよう、いろいろな人と話の出来る場所に飛び込んでみてください。また、就活中に目にするのは企業のほんの一部の側面でしかありませんが、少ない情報の中でも「ここなら、万が一上手くいかなくても後悔しない」と思える場を探すことが、大切なのではないかと思います。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP