ENTRY

技術力のあるリーダーを目指し、「無駄をなくしたスマートな社会の実現」をしたい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

柏井 香里 /お茶の水女子大学大学院 理学先行情報科学コース

―どんな就活をしていましたか?

就活が始まった頃は、大学での企業説明会や大規模な就活フォーラムに参加し、大手企業への就職だけを考えていました。しかし就活を進めるにつれ、大手企業の考え方や同じく大手企業への就職を希望する就活生の考え方に疑問を感じて一時は就活を中断、進学することを考えるようになりました。いろいろと悩んだ末、就職することを選びましたが、再び就活を進める中でITのベンチャー企業に興味を持ち始め、最終的にはスカウト制の就活サイトを用いてITベンチャーからのスカウトを待ち、スカウトされた企業を中心に説明会や面接に参加するという形で就活を行っていました。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

SHIFTの中期計画で掲げているビジョンである「無駄をなくしたスマートな社会の実現」に共感したからです。きっかけは先にも述べた就活サイトでのスカウトだったのですが、まずは説明を聞いてみようと向かった面接でこのビジョンや事業内容を聞いて、一気に興味を持ちました。また、ソフトウェアの品質保証・テストの専門ということで、学生時代からプログラムのテストやデバッグ作業に課題を感じていた身としては、事業内容自体がとても興味深く、かつ有意義な事業だと感じていました。また、ブルーオーシャン市場で事業の可能性も広くあり、そこも就職を決めた理由の一つです。

―SHIFTで何を目指しますか?

技術力のあるリーダーを目指します! 私は情報系の大学院出身ですが、技術面でもまだまだ無知なことが多く、これから学んでいきたいと考えています。そして、経験を通してチームマネジメント力を高め、頼れるリーダーとしてSHIFTに貢献したいと思います。また、女性のグループ長がまだ少ないということで、ゆくゆくはグループ長やビジネスユニット長を目指していきたいです。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

就職を決める際、何が一番重要な条件かを決めておくと良いと思います。私の場合は、企業の理念や方針に同意できることでしたが、何か譲れないものを一つ決めておくと、迷いにくいと思います。また、自身の経験から、自分が納得いくまで諦めない方が、後々後悔しないと思いますので、妥協せずに就活をしてください。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP