ENTRY

「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」、届けたい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

金森 七海 /東京理科大学 理工学部

―どんな就活をしていましたか?

漠然とですが、就職活動を始める前から就職したい会社のイメージはあったため、大手就活サイトを用いてイメージに合いそうな多数の会社にエントリーをしました。また、長所や短所など、履歴書に記載するような項目を入力することで企業からオファーが届くような就活アプリなどを活用し、視野を広く持って多くの企業の会社説明会に参加していました。3月から4月の間は1日3社ほどの会社説明会に参加しており、企業を知ることに注力していました。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

漠然と持っていた自分の就きたい会社のイメージである、ワクワクできる会社であることや、自身が加速度的に成長していける環境、という点がマッチしたことがSHIFTを選んだ大きな理由です。そして内定をいただいてから、SHIFTが主催する社内外向けのイベントに参加することでワクワク感を体感出来たこともそうですし、イベントで社員の先輩方とお話をすることで、自身の成長はSHIFTで望まれている要素であり、なおかつ成長できる環境や制度もあると知ることが出来たので、SHIFTを選びました。また、社長である丹下さんが会社説明会でたびたびお話しされていた「自己実現」というワードが、自分の就活後半の大きなキーワードとも重なって、SHIFTで自己実現を果たしたいと思えたことが決め手になりました。

―SHIFTで何を目指しますか?

やはり、加速度的に成長していきたいと思っています。仕事に無駄なことは何一つないと思っているので、先輩方からより多くのことを吸収して、常に明日の自分にワクワクしていけるような仕事をしたいと思っています。また、「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」の言葉を胸に、「ソフトウェアといえば?」と聞いて名が挙がるもの全てにSHIFTが関わっている、という未来を実現したいと思っています。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

視野を広げて多くの企業の方と話をすることをお勧めします。企業の本質の核となる部分に自分の本質が共鳴するかを見てほしいです。そのためには自分について考え抜くことが必要不可欠です。よく苦い思い出として語られる「自己分析」ですが、これが重要です。自己分析ができないとミスマッチの原因にもなると、自身の就活を通して実感しました。なお、これは少々余談ですが、企業の人事をしている兄から、面接では「準備してきた部分以外を見て判断する」と言うのを就活前に聞いていました。そのため、面接の準備は、志望動機を一言一句間違えずに覚えることより、絶対に伝えたいキーワードを絞って、その理由をしっかり話せるようにとことん考えることに私は注力していました。少しでも、みなさんの参考になれば幸いです。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP