ENTRY

私が携わることで、今のSHIFTにはない何かを創り上げてみたい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

18卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

言美 貴子 /長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部

―どんな就活をしていましたか?

恥ずかしながら授業の単位が足りていなかったので、授業をたくさん受けながら就活をしていました。そのため一気にたくさんの会社にエントリーするのではなく、2社ずつくらいにエントリーし、選考結果に応じて応募企業を追加していくというやり方で進めていました。最初は漠然とした気持ちで就活をしていましたが、あることがきっかけで「自分がやりたいことって何だろう?」と真剣に悩みました。きっと多くの人が就活を始める前に悩むことだと思いますが、答えがなかなか見つからなかった自分は、答えが出るまではなんとなくの就活をしていました。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

一言で言うなら、自分に合っていると思ったからです。SHIFTには、自分の良さや得意なことを活かしながら成長できる環境があると思いました。また、ただ成長できるだけではなく、挑戦する機会がたくさんありそうだと感じたことも、何かにチャレンジすることが好きな私にとってはSHIFTを選ぶ理由になりました。例えば、業務内容はもちろん「RIKEI-NOU検定」やSkypeでの面接など、新卒採用の選考方法を見ても他とは違うことに挑戦している会社だと感じました。採用担当の方が、真剣に私のことを考えてくださったこともあり、最終的には安心して内定を承諾することができました。

―SHIFTで何を目指しますか?

正直、将来の具体的なことはまだ何も分かりません。しかし、数年後~数十年後に「これは私がやったんやで!」と胸を張って言えるような、大きな企画やプロジェクトを成功させてみたいと思っています。そして、色々なことに挑戦し、会社も自分も大きく成長できたらいいなと思っています。私が携わることで、今のSHIFTにない何かを創り上げてみたいです。それは新しいプロジェクトの立ち上げかもしれませんし、大手の新規取引先との契約かもしれません。具体的にはそれがまだ何になるかは見えていませんが、夢を大きく持ちながら、学びながら、基礎をしっかりと固めていきたいと思っています。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

就活ではいろいろと悩んだり、大変なことがあったりすると思います。心が折れそうになることもあると思いますが、どんな社会人になりたいか、自分は何をしたいのかを見つめることが大切だと思います。具体的でなくても、何がしたいのか、どうなりたいのか、どんな働き方をしたいのか、しっかりと自分で考えてみてください。あとは、時間に余裕を持たないと心にも余裕が持てないと思うので、「時間に余裕をもって行動すること」が大事かなと思います。頑張ってください!

新卒社員インタビュー
PAGE TOP