ENTRY

自分が提供できる最大の価値を出して、会社に貢献したい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

17卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

横田 基浩 /神戸大学 経営学部

―どんな就活をしていましたか?

3年の夏頃は、周りの友人と同じように有名企業に行くものだと思っていて、ベンチャー企業は全く見ていませんでした。12月頃からベンチャーのことを知り、様々な企業の説明会に行ってみると、生き生き働いている人たちばかりで、自分もそうなりたいと思ってベンチャーに絞りました。そこから必死に自己分析を始めましたが、やりたいことを決めきれず、「生き生きと働きたい」、「市場価値を高めたい」、「裁量権がある」、「事業の成長性がある」といった上っ面で曖昧な軸で様々なベンチャーの面接に臨んだ結果、落ちまくりました。選考の数が増えるにつれて良くはなっていきましたが、結局自分が100%納得できる軸は決まらなかったです。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

正直、最初の説明会で話を聞いた時はあまり興味がありませんでした。というのも、会社説明の時に”RIKEI-NOU”について話されていたので、理系の専門性を持った人が難しいことをしているんだろうなーと、文系の僕には関係ないと思っていたからです。ですが、”RIKEI-NOU”を測る30分のテストをするだけで内定が出るということには少しだけ興味がありました。理系科目が得意だったので気分転換に受けてみると、役員面接の案内が来たので行くことにし、その面接で印象が大きく変わりました。事業の将来性に惹かれたのもありますが、役員の方がかっこよくて、この人の下について働きたいと思いました。最終面接が2社残っていて受けるか迷いましたが、極論どの企業に行っても自分の選択をどう正しくするかしかないと思って、最後はえいって感じでSHIFTに決めました。

―SHIFTで何を目指しますか?

自分が提供できる最大の価値を出して会社に貢献することです。就活当時は成長したい、お金を稼ぎたい、といった欲が大きかったですが、内定者インターンの経験や入社に近づくにつれて考え方が変わり、「人に価値を提供して幸せにする」という目標になりました。会社では、売り上げを立てるためにどうするか、お客様の役に立つためにはどうするか、チームのマネジメントをするためにどうするか。そういったことを考えて、自分の立てた目標を達成し続けたいと思います。立てた目標に対しては、何が何でも達成するマインドが重要で、研修で身についてきたのでそこを大切にしてSHIFTで働きたいです。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

「自分はどうありたいのか」、または「自分は何がしたいのか」を本気で考え抜いてください。そうすれば自分の望む結果を引き寄せることができます。面接ではありのままの自分を出して、それで落とされるなら相性が悪かっただけなので、あまり落ち込み過ぎないようにしてください。就活でうまくいかなくて悩むことはたくさんあると思いますが、終わって振り返るといい思い出です。一人で抱え込みすぎず、人に頼ったり、頼られたりしながら就活を進めてください。応援しています!

新卒社員インタビュー
PAGE TOP