ENTRY

しっかりと日々を大切にして成長し続けていく人間になりたい|RECRUITMENT| 株式会社SHIFT

17卒入社の先輩に就活でのSHIFTの印象を聞きました。

河合 桂吾 /京都大学大学院 農学研究科

―どんな就活をしていましたか?

私は就活自体は12月頃から始めて、3月末には終えていました。就活の際には、「優秀なだけでなく尊敬できる人が多い企業」であることと、「自分が成長するのに適していると思える企業」であることという2つの軸で企業選びをしていました。この2点を満たす会社から内定がもらえたら、その瞬間に就活を終えるつもりでした。理系の大学院にまで進学しましたが、よりダイレクトに世の中に関わることのできる仕事につきたいと思い、思い切って文系就職を志しました。特別興味を持っていた業界というのがなかったため、幅広い業種の企業を見ていました。1月からは、採用面接を早い時期から開始している中小企業を中心に受けてきました。その理由としては、受けた企業のことを深く知るためだけでなく、実際の面接を通して面接練習をするためでした。

―なぜ、SHIFTを選びましたか?

前述した2つの軸をしっかりと満たしていたのでSHIFTを選びました。SHIFTについての説明を初めて聞いた時に、「この企業に入りたい」と直感的に感じ、実際にSHIFTで働く方々からお話を伺ったり、丹下社長の説明会に参加しているうちに、その気持ちがどんどん強くなりました。そして最終的には自分がSHIFTで働きながら成長してみたいと強く感じるようになりました。面接中に内定をもらえた時は、絶対に「採用して良かった」と言われるようなビジネスパーソンになろうと強く決意しました。自分の専門外の分野に挑戦することになりましたが、新しいことに挑戦したいという気持ちの方が大きく、あまり不安は感じませんでした。

―SHIFTで何を目指しますか?

私は、SHIFTに入社して1年後には「今自分がすべきことを見つけられる人間」に、3年後には「重い責任を負う立場で働く人間」に、5年後には「SHIFTにいてもらわないといけないと誰もが認める人間」に、そして最終的には「誰に対しても自分を売り込めるビジネスパーソン」になりたいです。将来、自分がやりたいことをするためにも、採用してもらったことに対する恩返しのためにも、しっかりと日々を大切にして成長し続けていく人間になりたいと思っています。

―後輩へ就活のアドバイスをお願いします。

就活では、自分が納得できる(入社する覚悟を決められる)企業を効率良く見つけて入社を決めることを1つの目標にすると良いと思います。周りの友達が就活を続けていても、自分が納得できる企業から内定をもらえたら、早めに就活を終える勇気を持ってもいいと思います。
企業の数は星の数ほどありますし、「自分に本当に合う企業がまだあるかもしれない」と考え出すと、きりがありません。納得できる企業から内定をもらってからも就活を続けていると、学生時代にしかできないこと(学業や旅行等)の機会がどんどん失われていきます。
就職活動だけで人生が決まるわけでもありませんし、腹を決めて自分が納得できる企業に新入社員として飛び込んでいく勇気を持てると良いと思います。人生は有限なので、決断すべき時にはしっかり決めることができるというのも大切だと思います。

新卒社員インタビュー
PAGE TOP